« 仙台商工会議所で講演でした。 | トップページ | 父 »

間違いだらけのオンリーワン・マーケティング戦略

昨日は仙台商工会議所で講演をしてきました。いつものマーケティング講師の仕事としてではなく中小企業の経営者のポジショニングでの初の講演でした。今日も仙台の郊外で地域振興に関するシンポジウムに参加してきました。

こうした中、よく聞かれるキーワードとして「オンリーワン」があります。

オンリーワンをめざす企業はたくさんいらっしゃいます。でも同じぐらい売れないオンリーワン商品に苦労している人もたくさんいます。私もそんな経験があります。

断言しますがオンリーワンなら売れるというのは間違いです。むしろオンリーワン商品は売るのがたいへんです。

ではオンリーワン商品はダメなのかと言うとそうではありません。オンリーワンには正しいオンリーワンと、正しくないオンリーワンがあります。前者は売れるオンリーワン、後者は売れないオンリーワンと言えます。

ではなぜそんなことが起きるのか?答えは簡単です。ちょっと前に紹介した売上を向上させるための5つのルールの応用です。

こんなオンリーワンだから売れない。

① 自社の強みが活かされていないオンリーワン商品
② 競合他社の弱みが突けていないオンリーワン商品
③ 顧客ターゲットが不明確なオンリーワン商品
④ 顧客の抱える問題を解決できていないオンリーワン商品
そして・・・
⑤ 他の商品とあまりにも違いすぎるオンリーワン商品

オンリーワンであることは実はきわめて重要です。だからあきらめないでオンリーワンの商品をめざしてください。でもね。本当に売れるオンリーワン商品を生みだすのはかなりの思考錯誤が必要ですよ。しかし、それをやるだけの成果はかならず出せます。

コツはこれまでにありそうでなかったオンリーワン商品をめざすことです。

そしてこのありそうでなかったオンリーワン・ポジショニングを発見するツールとして開発したのがオンリーワン・マトリクスです。

オンリーワン・マトリクスについては改めて解説します。

ではではまた明日!明日は三重県からブログを更新します!

« 仙台商工会議所で講演でした。 | トップページ | 父 »