« ビジネスランチ | トップページ | マーケティングインストラクター走る »

がんばっても商品が売れない理由

がんばっても商品が売れない理由は究極、以下の4つに集約できます。

① 顧客に聞いていない(顧客に聞かずに商品やサービスを作っしまった)
② 戦略なしにやみくもに動いている
③ 戦略を立てたがその通りに動かなかった
④ 戦略の通りに動いたが見直さなかった

あなたにも思い当たることはありませんか?
売り上げ不振の会社にコンサルティングに入った時に必ず聞く言葉があります。
それは・・・

「とにかく出来ることは何でもやるしかないだろう!」
力強く頼もしい言葉に感じるかもしれませんが、実はそうでもありません。
売り上げが不振で焦る気持ちはわかりますが、
戦略もなしに動いてもさらに泥沼に入り込むだけです。

それよりはちょっと立ち止まって戦略を考えてみてください。
「立ちどまっている場合じゃない!」
実際にそう言われてしまうことも少なくはないのですが、
戦略を考える時間なんてたったの1日か2日です。

土曜日・日曜日でも出来るのです。
戦略を考える、そしてそれを動かして、修正する。
コンサルタントがよく使う言葉でこれを仮説ー検証サイクルと言います。

マーケティングには失敗と言う言葉はないと言われています。
マーケティングはすべてがテストです。
仮説を立てて実行し仮説を修正しまた実行する。
これを繰り返せばいつか必ず成功します。

ポイントをおさらいします。

① 今からでも遅くありません。顧客に聞いてみてください。
② 戦略を作ってみてください。
③ 戦略を作ったら必ずそれを実行してみてください。
④ 戦略を動かしたらじっくりと検討してみてください。
  なぜうまく行ったのか?なぜうまく行かなかったのか?
  そして戦略を修正して再び営業や販促をしてみてください。

では具体的に何を顧客に聞くのか?どのようにして戦略をつくるのか?売れる・儲かるしくみ実践塾を間もなく開始します!

« ビジネスランチ | トップページ | マーケティングインストラクター走る »