« あなたの会社のマーケティング顧問 | トップページ | マーケティングはつまらない »

売上向上のしくみ1・2・3

売上向上のしくみは突きつめれば以下の1・2・3で作ることができます

1.商品を差別化する
2.ターゲットを絞る
3.ターゲットにコミュニケーションする

ということは売上が減少している会社と言えば

1.商品が差別化できていない
2.ターゲットが絞れていない
3.ターゲットにコミュニケーションできていない

ちなみにこのコミュニケーションには

1.プロモーション
2.パブリックリレーションズ(PR)
3.セールス

が含まれます。
さて私がこう話すと拒否反応を起こされる方がいます。

どこに拒否反応を起こすかおわかりですか?
それは「差別化」の部分です。

「差別化なんかしてなくても儲かってる会社はある」
「その差別化ができなくて困ってるんじゃないか」
「うちの業界はむしろ二匹目のどじょうの方が儲かるんだ」
「この時代、差別化なんてできるわけないじゃないか」
「すぐにマネされてしまうから差別化なんて意味がない」
「差別化した商品でも売れないものはたくさんある」

多くの人は「差別化」は難しいと考えています。
「差別化」するためには商品開発が必要だと考えています。
そして「差別化」の重要性さえ疑う人もいます。

しかしそのすべてがNOです。

差別化は難しくありません。
皆さんが思っている以上にこんなことでもいいの?
という差別化でも売上向上に寄与します。

差別化しないで儲けるのは、差別化された商品を販売するよりもはるかに困難です。
差別化は難しくありません。
二番煎じの商品よりもたくさんの利益をえることができます。
時代がどう変化しようが、ライフスタイルがどう変化しようが、顧客は常に差別化された商品を購入します。
言いかえれば「自分のためにあるとしか思えない商品を顧客は潜在意識の中で求めています」
おそらく永遠に。
正しい差別化を行えばライバルはマネできそうでマネできません。
よほどキャッチコピーや宣伝方法などの戦術の方がマネされます。
戦術だけで売上を伸ばしている会社は永続性がありません。
差別化しても売れない商品は顧客を無視してただ差だけを求めた商品です。
顧客視点で行った差別化商品はかならず売れます。

売上向上のしくみづくりを弊社のマーケティング顧問サービスでお手伝いさせてください。








« あなたの会社のマーケティング顧問 | トップページ | マーケティングはつまらない »