« 退職願 | トップページ | 私のマーケティング経験 »

「誰のために?」マーケティングインストラクター森本尚樹

書籍を商業出版させていただいた時に、出版社の社長から教えていただいたことがあります。それは私の真の強みです。その教え通りに今日まで胸を張って仕事を行ってきました。

出版のお話をいただいた時に私は思わず、こんな恥ずかしいことを出版社の社長にお伺いしてしまいました。

「私はMBA(経営学修士)も中小企業診断士の資格もありません。外資系のコンサルティング会社に勤めたこともありません。実はマーケティングをきちんと学んだこともありません。それでも大丈夫ですか?」

本当に思い出しても赤面してしまいます。笑 
でも、その時には本気でそう思っていました。

私が当時、穴が開くほど読んでいた本の著者の先生方は、MBAや中小企業診断士の資格をお持ちだったり、又は外資系コンサルティング会社でトップコンサルタントだったりと。

自分の経歴はただ日本の中小企業に入社して、マーケティングのマの字も知らずにマーケティング部に入職して、そこから10年間もヒット商品ゼロ。プロジェクトを任され数千万円をドブに捨てて、そんな泥だらけの経歴しかありませんでした。その中から這いずり回るようにして自ら実戦で考えたマーケティング理論でした。その理論で累計100億円を超える商品群を誕生させ、会社が東証1部上場する原動力のひとつとなりましたが、それでも
まだ私は自分を信じ切れていなかったのだと思います。

「私でも大丈夫ですか?」
そう聞いた私に社長は非常に爽やかにこう仰いました。

「MBAや中小企業診断士の方、外資系コンサルティング会社にお勤めだった人で本を出版したいと仰る先生方にはたくさんお会いしてきました。でも森本さんみたいな経歴の方にはお会いしたことがありません。だから面白いと思ったんですよ。森本さんも弱みは強みだってサンプル原稿に書いてあったじゃないですか(笑)」

『弱みは強みに転換できる。弱みを強みに転換して生まれた強みは、他社にはない御社の真の強みであり、御社を永年にわたり支えることになります』

森本オリジナルのマーケティング理論のひとつであり、きわめて重要なスキームです。
でもそれを自分自身が信じ切ることの難しさ、そして、それを信じ切れた時に、本当の強みを発揮することを知りました。

私は外資系企業に勤めたことがありません。ソニーやパナソニックのような大企業に勤めていた訳でもありません。私が入社したのは、当時、社員数十名の日本の中小企業でした。

システマチックなマネージメントシステムもありませんでした。完成されたマーケティング・プロセスもありませんでした。会社全体が試行錯誤を繰り返しながら、ほとんどの事象をヘッドハンティングされた優秀な人材でもなく、大手のコンサルティング会社でもなく、その会社の中で生え抜いてきた人間が、自分の頭で考え、時には喧々囂々しながら、作り上げてきました。とんでもない回り道も、とんでもない失敗もしましたが、その体験のすべては自分の血となり肉となりました。

私は日本の中堅・中小企業が成長と成功するための全プロセスを実戦で体験しました。
マーケティングのことがよく分からない、でも何とかしたいと仰る日本の中堅・中小企業のために私がいます。

他のどのようなコンサルティング会社や講師にもお話できないことがお話できます。そしてそんな誰よりも私はクライアントを尊敬し、クライアントを愛し、クライアントの成功を願っています。

私ができることはふたつ。「顧問契約」と「社内研修」です。

「顧問契約」とは御社のマーケティング戦略と戦術に関する顧問となること。顧問として毎月1回、必ず御社を訪問します。現状の課題解決のための各種のプロジェクトを立ち上げ、それにメンバーとして参加します。その前後には経営トップとのオープニングとクロージングミーティングを行い、常に方向性の確認や、時には従業員には話せない課題をお伺いし、その解決策をご提示します。また弊社内ではデザイナーやコピーライターと共にテストマーケテンング用のツールを制作しご提供します。口だけでなく手も足も動かすのが当社のスタイルです。そしてそのスタイルこそが、すべてのクライアントが売上を向上させることができた秘密でもあります。「こうしなさい」「ああしなさい」とは一切言いません。「こんなんじゃだめだ」とも言いません。「こうしてみませんか?」私どもは常に具体案を提示して仮説検証サイクルを回しながら御社を成功に導きます。

報酬は難易度や会社の規模に関係なく、ご提供する時間によってのみ変わります。
 常に空きがない状態の顧問契約ですがご興味のある方はぜひご連絡をいただければ幸いです。お力になれる方法を必ずお伝えします。経営者限定ですが弊社(横浜市中区)まで来ていただければ無料で顧問契約のこと、今後の進め方に関してご相談をさせていただきます。

マーケティングインストラクター
森本尚樹

« 退職願 | トップページ | 私のマーケティング経験 »