« ヒット商品企画開発研修 | トップページ | 半歩前進 »

2016/04/30

マーケティングは他社の強みを捨てることから始まる

Dsc00629_r

サテライトオフィスのコワーキングスペースの共有本棚に拙著を置いていただきました。この本は実はちょうど10年前に出版した本です。

そして現在はアマゾンのオンデマンドパブリッシングシステムで販売を続けていただいています。ベストセラーでもない本書が10年後の今も販売していただけているなんて本当にありがたいことです。

そしてさらにありがたいことに今も読者の方から熱い新着レビューをいただけているということです。

理論本ではない 投稿日 2016/3/30
 
よくある基本概念や理論や、マーケティングとは~~などとは書かれていません。そんな本に限って実践に行うのは力のある企業しか出来ない事が載っていて「へ~」で終わってしまいそうなのですが、この本はそういったお勉強的な事ではなく、物を売ることについての基本を再確認する感じです。当たり前の事を再度勉強して、自分の会社と商品を知るいいきっかけになりました。

---- 本当にありがたい評価です。

超絶良書 投稿日 2015/1/9

近所の図書館にあったので手に取って読んでかなり良かったので、購入。物が溢れている今、競争を避け、新しくて価値あるサービスを高く売っていくという内容のビジネス書を読み漁っているが、あまり他書で触れられていない「では、実際にどのような方法で発想し、思いついた案をどのように評価するか」という点について真っ向から解説した本である。
他書でも、「どのように発想するか」という点に関して触れている本もあるが、いまいち本質をついておらず、たくさんの種類のシートにいろんなことを書いたり、複雑な考察が求められる上に、結局は閃きの才能がないと思いつかない場合が多い。
本書では非常にシンプルに書かれていて、次から次にアイディアが出てくるようなまとめかたがされている。筆者は、実際にビジネスの現場で試行錯誤しながら本質に辿りついたのだと思われる。

---- 本当にありがたい評価です。

読者の皆さま!本当にありがとうございます!出版社も私もアマゾンレビューに関しては一切の恣意的な操作をしていません。本当に読んでいただいた方からだけの評価です。
AMAZONで8件、楽天市場で3件のレビューをいただいております。

ぜひ楽天市場のレビューもお読みください。

改めて、まだ本書をお読みではない方はぜひお読みください。
私も先日、全文を読み直してみて、手前味噌ですが理論は決してまだ色褪せてはいないと思います。

こちらからご購入いただけます。

« ヒット商品企画開発研修 | トップページ | 半歩前進 »