« 自制心は鍛えることができる | トップページ | マーケティングは他社の強みを捨てることから始まる »

2016/04/29

ヒット商品企画開発研修

Dsc00595_r

写真は収録の時に使用しているSHUREのヘッドセットマイクです。
プロの講師ではなくプロの歌手が使用している製品です。笑

動画を用いた新たな研修プログラムの内容が固まってきました。
第1弾は「ヒット商品を創出する商品企画・商品開発オンデマンド動画研修」です。

年間を通して商品企画・開発に関する実戦ノウハウを学んでいただけるプログラムです。
専門用語は究極まで使用せずに、実際にヒット商品を創出するための実戦ノウハウを、実際に企業の中で商品企画や開発を行う方々に継続的にお届けする、ありそうでなかったプログラムです。

確かに「商品開発マニュアル」や「商品開発研修」などは本当にたくさんあります。
国立国会図書館まで行ってたくさんの文献を閲覧してきました。
しかし、それらの内容を精査させていただいた感想は「難しすぎる」ということです。
研究者でもなければ不要な専門用語ばかりが積み重ねられていて、本当にヒット商品を誕生させるために知っておくべき現場のリアルが少しも語られていない・・・というのが私の個人的な感想であり、このプログラムをまず開発しようと考えた理由です。

マニュアルやそうしたマニュアルや研修で用いられる難解なフレームを一度でも動かしてみた経験がある方はおわかりだと思いますが、どんどんと迷走を繰り返し迷宮に迷い込んでしまいませんでしたか?私はそうでした。

もちろん専門的な知識こそが重要だと思われる企業も責任者の方もいらっしゃるでしょう。でもそうではない会社や責任者の方、現場のスタッフのために、20年以上も失敗に失敗を重ねながら、試行錯誤して商品企画を行ってきた私にしか語れない(書籍でも語ることができない)リアルな実戦ノウハウをお届けしたいと思っています。

まだ開発中ですがプログラムの開発を進めるにあたり、現場の皆さまのご意見をぜひお伺いしたいと思います。

私が商品企画・商品開発の現場で働く皆さんに一番聞きたいことは「今、何に一番困っているか?」ということと「何を学びたいか?何が不足していると感じるか?」です。

ぜひメールで情報交換させてください!お待ちしています!
morimoto@lbraintrust.co.jp

« 自制心は鍛えることができる | トップページ | マーケティングは他社の強みを捨てることから始まる »