« 不都合な真実とマーケティング | トップページ | マーケティングの基礎 »

それは進化なのか?

Dsc00742_r

中学1年生の息子です。急成長で着る服がなくなってしまった息子が私のTシャツを着て、私のアクセサリーを付けて、私の帽子をかぶってみたらこうなりました。ついこの間まで半ズボンで自転車を立ち漕ぎして全力で走っていたのに大きくなったものです。笑

話は変わりますが弊社のサービスが急速にモジュール型になってきたことを実感しています。これは成長なのかどうかは分かりませんが。

実は一時期、弊社の立ち位置が、少し分からなくなってしまったことがありました。

弊社はコンサルティング会社なのか?研修会社なのか?それとも制作会社なのか?
創業10年が立ち、おかげさまで順調に事業が推移していくにつき、反対に自分達の領域が定まらなくなってきていました。

また一時期は完全に講師の仕事をお断りしていたことがあります。

私の強みは自分の手を動かせることでした。私は特殊なセールスレターを書くことができ、デザインを行うことができ、また、ホームページも制作することができます。

それらはあくまでもクライアントと共に構築した仮説戦略を動かすためのテストマーケティングツールを作るためのもので、弊社が口だけではなく手を動かせることで、圧倒的にすばやく、また圧倒的に少ないリスクで、仮説検証サイクルを回すことができるようになりました。

ある人には「自分の手を動かすことは三流の経営コンサルタントが行うことだ」と言い放たれてしまったことがあります。しかし、その時にあることに気づくことができました。
 

僕がなりたかったもの、そしてやりたかったことは何か?僕は一流のコンサルタントをめざしていたんだっけ?

当社のサービスは現在、マルチプレイスできっかけをいただいております。
このブログもひとつのプレイスです。またこのブログで紹介していることは当社のサービスのすべてではありません。

サービスによりプレイスを使い分けているというのが実態です。
しかし、当社が提供しているサービスのめざすものはひとつです。それは「クライアントの成功」です。

そしてそのために3ステップ法などの森本式マーケティングやプロジェクティングなどの独自のメソッドがあります。

そして弊社が提供しているサービスはあるクライアントによってはコンサルティングと呼ばれ、あるクライアントでは研修と呼ばれ、あるクライアントでは戦略会議と呼ばれます。ある人は私をコンサルタントだと思い、ある人は私を講師だと思い、ある人は私をクリエーターだと思っています。

現在、当社ではコンサルティング、プロジェクティング研修、プロジェクトコンサルレィング、クリエイティブの4つのモジュールを組み合わせて提供しています。

またある分野ではほぼ完全にパッケージ化されたノウハウを完成しています。決めたことを決めた通りに実施していただければ、ほぼ確実に成果を上げることができるほぼ完成されたノウハウです。

ですが弊社がそこに選択と集中することはありません。

それは弊社のミッションにとってひとつの手段に過ぎないからです。これからも変化することを恐れず成長を続けていきたいと思います。

« 不都合な真実とマーケティング | トップページ | マーケティングの基礎 »