マスコミ報道実績

フジサンケイビジネスアイ 特集 「商いの心」掲載記事
「逆転の発想で独自性を」 
マーケティングは他社の強みを捨てることから始まる 森本尚樹

「隣の芝生が青く見える」のは、ビジネスの世界も同じこと。
マーケティングが日本のビジネス社会に導入されてから久しいが、市場やライバル企業の動向、統計ニーズを探りながら、統計的手法で集めたデータを商品やサービスの開発に役立てることは一見正論のように思える。
しかし、同業者同志が、同じような手法で同じ市場をターゲットにターゲティングを行えば、結果として生まれる商品やサービスは似通ってくる。結局、同業者同士、厳しい競争を行う羽目になる。
著者は他社の利点を取り入れたり、顧客ニーズだけをむやみに取り入れる従来の発想をやめ、独自性の高い商品やサービスを開発する、逆転の発想に立ったマーケティングを行うよう説いている。
独自性の高い商品開発は困難を伴う。しかし、他社を先んずれば厳しい競争にさらされることなく市場をリードできる。知的財産権の保護も強化され、商品のライフサイクルが短くなっているいま、著書のマーケティングは経営の一助となりそうだ。

日経MJ 身につく読書掲載記事
「実践的なヒントが豊富」
マーケティングは他社の強みを捨てることから始まる 森本尚樹

競合他社の商品を研究し、市場調査を行い、より付加価値の高い商品で対抗する。一見当たり前に見えるこんなマーケティング手法には実は落とし穴がある。本書は発想の転換を提唱する。
他社の強みを取り入れて、そこに付加価値を付けたとしても、それは物まね商品の域を出ない。まずは思い切って他社の強みとする部分を捨てる。そして、正反対のものに置き換えることが独創的な商品の開発につながると説く。
顧客の声の集め方についても同様。単刀直入に「どのような商品なら購入してもらえるか」と聞いても「高品質で低価格の商品」という答えしか返ってこない。
聞くべきことは、顧客がどんな問題を抱えているか。その解決策を考えることの中に、ヒット商品を生みだす芽がある。
著者はマーケティングの日本語訳を「売れる・儲かる仕組み」と定義する。商品開発の現場で使える実践的なヒントが豊富だ。